タイトルはありません?実は恋愛上手な方には読んでほしくない情報

人を助けて世の中のために尽くし、人としてやってはいけないことをきちんと理解していて一生懸命努力している姿があり、困難にも耐えることができて、自分をさりげなく見つめることができる、さらには原理原則というものを理解して従うことができる人間。これはあるひとの教えにあった、人間が一体どうあるべきなのかを説いたものです。時には挫折して迷いに迷って自分を見失う時伊達あることでしょう。そんなに良いことをしていて何の申し分もないくらいの人間で誰から好かれているにもかかわらず異性から相手にされることがないといった現状。

出会いというものをそもそも人生における何らかの成功の糧となるようなことだとしている人・・・要するに人間どんなにいい人でも真面目すぎるのも問題だということです。とくに男性は着実にまじめな人生を送るということよりも女性からどれだけ行為を持たれる機会があるか。女性は少し」くらいのワルがいいとよく言いますがこれは本当かもしれませんね。

だってまじめすぎる男性ほどつまらないものはありません。ユーモアであること。これが出会いを引き起こすことになる最大の要素ではないでしょうか?出会いには何を求めていますか?それは恋愛対象としてみることができる異性に出会うことですよね。

しかしそんな簡単にはいかないのが人生です。しかし中にはいとも簡単に出会いを見つけていち早く恋人を探しだすことができる人間があるのも事実。なんだか悔しい気持ちを抑えながらも思いやりの心を忘れずに、と言い聞かせるかのように異性に親切にしたところでその親切は報われない。人は見返りを求めて何もかもの行動を決めています。

この異性には親切にして何かを返してくれそうだから親切にする。この威勢はせっかく出会ったけど、何も返してくれなさそうだし自分にはなんのメリットもないから何もしないでおこう・・・極端にいえばこういった思考が働くんです。これがいわゆる損得勘定ですよね。人がこれで動いている以上本当に恋愛することはできません。人間は欲深いもので、少しでも損をしたと自分が感じることがあればこれ以上損をしないようにその人と縁切ることに専念するのか、メリットデメリットを考えたときにとった行動が必ずや正解とは限らないのです。

出会いがほしけりゃさぞ自分がどんな人間でどんな異性があっているのかということを十分に理解する都ができるかということを考えていかなければならいのです。